帽子のお手入れ

お洗濯
手洗いしてください。
中性洗剤で軽く押し洗います。ねじり絞りをしないで、手で軽く挟んで水を切り2回すすぎます。ネットに入れて30秒脱水したあと、形を整えて陰干ししてください。乾燥機は使えません。
濡れたまま放置すると色落ちの可能性があるので、手早く干してください。

ピンでついている装飾は取り外してた状態で洗ってください。ピンによるダメージを避けるためです。装飾は脱水はしないで、乾いたタオルにはさんで水気を取ってください。
コサージュ、小鳥は洗えません。

雨用のビニールコーティング布の帽子は、脱水できませんが、すぐ乾きます。タオルで拭いて干してください。

色落ちなどとくに注意が必要なことは、その帽子のページに書きます。


アイロンがけ
あて布をしてかけてください。表布が絹(シルク)、シルク混、毛織物(ウール)、ウールと化繊の混紡のものは、必ずあて布をしてください。あて布をしないと表面の風合い、光沢や柔らかく繊細な毛羽立ちが失われます。
表布がポリエステル、綿(コットン)、麻(リネン)の帽子は、あて布が要りません。
温度はアイロンの材質別目盛りに合わせてください。きれいにかからない場合は、より低温の目盛りにしてゆっくりかけてみて下さい。

雨用のビニールコーティング布は溶けてしまうので、アイロンがけができません。
収納時についた強い折り目など、どうしてもという箇所は、あて布を厚く重ねて、アイロンを可能な限り低温にして短時間でさっとかけて下さい。あて布は、ハンカチ程度の厚みのあて布なら八枚重ね(三回折り)以上でお願いします。


収納
次のシーズンまでしまっておく場合はお洗濯の後きれいに折りたたんで収納できます。左右対称に折って下さい。折らずに形の合う帽子を重ねてもしまえます。
クローゼットがお気に入りのお洋服でいっぱいでも帽子集めを楽しんでいただける帽子です。
もちろん折らずに帽子箱でも仕舞えます。その場合アイロンがけが簡単になります。

ピンでついている装飾はできれば外した状態で保管してください。
コサージュは長期の収納の際にはかならず外し、花弁のカーブが失われないよう、丸い紙枠(厚紙に切込みを入れて円にした簡易なもので結構です。)に嵌め込んで保管して下さい。

雨用のビニールコーティング布の帽子はなるべく折らず、なるべく上にものをのせたりなさらないようお願いいたします。

帽子屋モバイルtop

サイズと素材
お支払
返品・交換
帽子のお手入れ
通販規定に基づく表記

リンク 帽子屋PCサイト
ご連絡
ご注文

inserted by FC2 system